出張展示のご案内

RFCでは、企業や団体が企画するイベントへの出張展示をおこなっております。
リアルな鉄道を表現する私たちの展示は、たくさんのお客さまにお喜びいただいてきました。

鉄道関係のイベントからショッピングモール、学校や公共施設等で本格的な鉄道運行ステージを活用してみませんか。

エリアについて:

私たちは東京を拠点にして活動をしております。
このため、出張展示のエリアは東京都内及び関東近郊とさせていただいておりますが、その他のエリアについても可能な限りご協力させていただきます。

  

出展に必要なチェック事項:

下記の環境にて出展可能です。

◯展示場所は屋内であること。なお、工場や駅構内も屋内として考えます。
◯商用100V電源が必要です。3A程度の電源をご用意ください。
◯事前準備に半日かかります。一般来場が始まる前にお時間をいただいています。前日からの設営になります。
◯展示に必要な机をご用意ください。会議机で構いません。数はご希望の展示規模によります。
◯車での搬入になります。搬入及び駐車スペースの手配をお願いいたします。

費用について:

展示は無償でおこなっています。ただし、電気代、運営場所の設備費用などはお客さまご負担でお願いします。
なお、東京23区外では別途交通費・輸送費用等の実費のご負担をお願いする場合がございます。

どんな展示ができるか:

RFCでは日本各地の鉄道路線をテーマにした展示ができるように、車両や線路設備を多数保有しております。
東京都内のJRや民鉄各社局の路線であれば原則出展可能です。
その路線の始発から終電までを再現した鉄道シミュレーションを主力としていますが、車両だけの展示や一般的な周回線路でのループ運転なども対応いたします。
模型だけではなく、独自に撮影・編集したデジタルサイネージの放映や列車の運行状況に合わせたBGMを流すことにより、一層のエンターテイメント性を演出しています。
解説員によるナレーションもあります。

効果測定について:

これまで出展してきたイベントにおいて、総来場者のうちの50%以上のお客さまが当団体の展示を20分以上もの間観てくださっています。
お子様から大人の方、鉄道が好きな方はもちろん、一般の方も普段利用している馴染みの路線ということもあり、最後までステージをお楽しみになられています。

詳しく聞きたい:

RFCでは、企業・団体様との調整をおこなう専任担当がおります。出展の可否ではなく、時期が未定でも話だけ聞いてみたいという声にもお応えします。
イベント、広報、マーケティング関連のご担当者様や、販促担当者様、ぜひお気軽にお問い合わせください。

RFCは鉄道模型をつかった大規模なダイヤ運転をおこなう集まりです。

​展示依頼を受け付けております。

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon